デリヘルでの身だしなみについて


以前デリヘルでは清潔感があることがマナーだと言いましたが、具体的にどうすれば清潔感があるように見れるのか、解説していこうと思います。。

身なりに気を遣う

例えば会社や学校の面接では「第一印象で結果が決まる」と言われるくらい見た目の印象って大事ですよね。
風俗でも同じで、扉を開けて目の前に現れたお客さんがいかにも身なりに気を使っていなさそうな外見をしていたら女の子も「うわ…」と思います。
例えばどんな状態だと悪いのか、というと。
髪の毛がボサボサ・フケが肩に乗っている、服が汚れている・ヨレヨレ、靴下に穴が開いている、靴が泥だらけ、など。
外出するとき、人に会うときに恥ずかしくない格好を、というと、基準は人それぞれだと思いますが、相手に失礼にならない格好を心掛ける努力をしましょう。
第一印象が清潔感のある見た目をしているだけで、女の子からの印象はぐんっと上がります。
どんな服を着ればいいのか迷う方もいるかもしれませんが、そういう場合はスーツを選びましょう。
スーツ姿の男性が好きな女の子は少なくないですし、しっかりしていて清潔感がある印象を持ってもらえます。
何回かスーツで会った後ならちょっとゆるめの私服を着ていてもギャップが好印象を与える可能性もあります。
ただあまりにもダサすぎる私服の場合は逆に引かれてしまう可能性がありますから、不安ならスーツでいるのが安パイです。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

臭いに気を遣う

ぱっと見だけではなく、臭いも重要です。
汗臭さやワキガ臭、口臭、加齢臭など。自分の臭いは中々自分では気が付きにくいものですが、こまめにチェックしておかないと女の子から嫌がられる原因となります。
臭いというものは意外と移るもので、プレイ後にお客さんの体臭や口臭がベッド・枕に染み付いてしまった。なんてことは良くあります。
臭いケアはプレイ開始前後に気にし始めても遅いので、風俗を利用する前、例えば前日からしっかりケアをしておくことをお勧めします。
普段から体臭ケア成分入りのボディソープを使ったり、前日からは食べるものにも気を使うべきですね。ニンニク料理など匂いの強い料理は避けましょう。
汗の嫌な臭いは服に着いた汗や皮脂が時間が経つと発生するものですので、どうしても汗をかいてしまう夏場なら、女の子が来る前に一度軽くシャワーを浴びておいたり、着替えを用意しておいたりするのも有効です。
また、汗の臭いだけではなくその他体臭もしっかり洋服に移りますので、汗をかいていない場合でも普段から体臭や加齢臭が気になる場合も着替えを用意するのをお勧めします。
愛煙家やコーヒーを嗜む方はしっかりと口臭ケアも忘れないように。
また、臭いが気になるからと言って無闇に香水を使うのはNGです。元々の体臭や汗と混ざって嫌な臭いになったり、こちらもやはり枕や女の子の髪の毛に匂いが移ったりしますので、避けるようにしてください。
あくまでも「臭いをカバーする」のではなく「臭わせない」ことを意識しましょう。

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

に気を遣う

爪に気を使うなんてどこか女の子のようだと思うかもしれません。しかし、爪は汚れが溜まりやすい場所ですからしっかり整えて清潔にすることが重要です。
プレイでほとんどの方は女性器に触れたり中に指を入れたりしますよね、その時に爪が汚れていると女の子は感染症にかかってしまう可能性が高くなりますし、そもそも女性器は非常にデリケートなので、爪が伸びていると傷つけてしまいます
もしそんなことになったら女の子は出勤できなくなってしまいますし、最悪の場合慰謝料などを請求される場合もあります。
なので、風俗を利用する前にしっかり爪を切って、やすりで滑らかにしておきましょう。やすりで滑らかにしたといっても切った直後は視認できない細かいギザギザがありますから、前日から爪を整えられるといいですね。
爪も、ただ手を洗っただけでは爪の間の汚れは落とせませんから、爪ブラシなどを使って綺麗にしておいてください。

を剃る

デリヘル嬢が嫌うNGプレイに「ヒゲやすり」があると以前言いましたね。
プレイをしている最中にチクチクジョリジョリするのももちろん不快なのですが、無精髭を生やしていたり、手入れせずぼうぼうと髭を好き放題伸ばしていたりするのは、身だしなみの観点でも印象は悪いです。
汚く見えますし、だらしない印象を与えてしまいます。