デリヘル遊びの基本マナー


デリヘル遊びで知っておきたい基本のマナーについて調査しました。デリヘルでのトラブル防止にも役に立つので参考にしてください。

デリヘルでは清潔感が重要

デリヘルではプレイの前後のシャワーが必須となっています。口を使ったプレイも多いので汗やほこりを落とし清潔な状態でプレイをすることを心がけましょう。
また清潔にしておくことでウイルスなどの感染を防ぐ効果も期待できます。
清潔にするのはデリヘル嬢の為でもありますが、何より自分の為になる部分が大きいのです。

デリヘル嬢のプライベートに踏み込み禁止

デリヘル嬢のプライベートを知る必要はありません。デリヘル嬢も客に教える義務はありません。
本名や住所、昼の職種など執拗に聞きだそうとするのはマナーが悪い行為です。聞いたところで本当のことを教えるデリヘル嬢はいません。
実の無いやりとりに時間を費やすよりもプレイや楽しい会話に時間を使いましょう。

デリヘル嬢の持ち物に触らない

デリヘル嬢はいわゆるお仕事バックを持ってきています。プレイに必要なものや移動に必要なものなどが入っています。
このバックやデリヘル嬢の脱いだ衣服などには触ってはいけません。 盗撮や窃盗を疑われる原因となる行為です。
いらないトラブルは回避しましょう。

デリヘル遊びでは挨拶をきちんと

デリヘル嬢が来たら「初めまして」「こんにちは!」。帰る時は「今日はありがとう」「また呼ぶね」など簡単な挨拶でも一言あるとマナーが良いです。
人間関係を良くするために挨拶はとても有効です。デリヘル嬢と客の関係であってもきちんとした挨拶があることで良好な関係になります。

デリヘル嬢には丁寧に優しく接する

デリヘル嬢に触れる時は優しく丁寧にを心がけましょう。
客はデリヘル嬢と一緒に過ごす時間に対してお金を払っているのであって、デリヘル嬢の身体を購入したわけではありません。あくまでも借り物です。借りた物を返す時は借りた時とまったく同じ状態であることが前提です。
汚したり傷を付けてはいけません。

デリヘルという仕事に敬意を持って

デリヘル嬢に限らず風俗や水商売で働く人を見下す人は少なくありません。しかしながら需要があって立派に働いている人は見下されるべきではありません。
デリヘル嬢は立派な職業です。きちんと仕事をしている人に対しては敬意を払いましょう。