デリヘルの派遣先について


デリヘルで出来る基本のプレイ内容について調査しました。初めてのデリヘルでどんな内容なのかが知りたいという人は参考にしてください。

デリヘルを自宅に呼ぶ

自宅に呼ぶことのメリットはなんと言ってもホテル代がかからないことです。
ただしお店や女の子によっては自宅への派遣がNGの場合があります。
また、お部屋が汚い・バストイレはカビだらけ・タオルは洗ってない等、不衛生な自宅は女の子が帰ってしまうことも。しかもその場合、大半はキャンセル料が発生します。
ホテルと違い、女の子を招く際のお掃除は自分でしなければなりません。
ピッカピカにする必要はありませんが、相手に不快感を与えない程度には掃除して迎えましょう。
また開封前の500mlペットボトルのお水やお茶を用意して渡してあげると女の子からの印象アップです。

デリヘルをラブホテルに呼ぶ

デリヘルを呼ぶのに一番間違いのないのがラブホテルです。
ベッドやバストイレの清掃、清潔な多めのタオル、未開封のドリンク、大きな鏡台に女性には嬉しい簡単なアメニティetc...また隣室のことを気にせずプレイできるのも強みですね。
エッチな行為をするためのホテルですからデリヘル遊びに必要なポイントは全て揃っています
さらにビジネスホテルやシティホテルでは女の子の派遣ができない場合がりますが、ラブホテルなら間違いなく派遣できるためリスク回避にも繋がります。
料金はホテル・お部屋・曜日・時間帯によって大きく異なるため、一概には言えませんが相場として2,3時間の休憩で\3000~\7000、宿泊で\7000~\13000ほどです。
決して安くはありませんが、部屋のストレスを感じず女の子と楽しくプレイしたい方にはラブホテルの利用を断然おすすめします。

最強!デリヘル呼び方マニュアル

デリヘルをビジネスホテルに呼ぶ

出張族のサラリーマンがデリヘル利用に一番多いのがビジネスホテルです。
出張で訪れるビジネスマンが利用することを想定としたホテルのため、シングルやセミダブルなどコンパクトな客室がメインとなっています。
ほとんどのホテルが駅近でアクセスが良く、比較的安価な価格で宿泊できます。
女の子を呼ぶには少々手狭かもしれませんが、バストイレさえあれば派遣が可能です。
ただしホテルによっては1名で予約を取った場合に追加料金が発生したり、女の子を呼べないことがあります。
利用するお店に確認するか、「デリヘルが呼べるホテル」などで検索すれば呼べる・呼べないの口コミが投稿された情報サイトがあるので事前にそこでチェックするのも良いでしょう。
ちなみに、1名予約であってもシングルよりもダブルやツインのお部屋の方が呼べる確率が高くなります!

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

デリヘルをシティホテルに呼ぶ

デリヘル嬢が派遣されて嬉しいホテルNO.1がシティホテル。
ビジネス、レジャー、観光など様々な用途を想定しており、ダブル、ツイン、ファミリールームなど幅広い客室が揃っています。
部屋やバスルームが広く、アメニティの充実、夜景が綺麗に見えるといった好ロケーションなど、女の子が嬉しい要素が詰まっています
ただしビジネスホテルに比べて宿泊料金はお高め。毎回の利用というよりは誕生日やクリスマスなど特別な日に利用するのがおすすめです。
シティホテルの中でもランクがあり、そのランクは女の子のやる気(テンション)と比例していきます。
自分のお財布と相談し、ここぞという時にはぜひラグジュアリーなひと時を過ごしましょう。

デリヘルをレンタルルームに呼ぶ

お金はあまりかけたくないけど、自宅には呼べない・呼びたくないという人におすすめなのがレンタルルーム。
ほとんどの店舗で60分単位で細かく利用時間を決められるため、ショートコースを利用する場合には無駄な室料をカットできます。
ホテルに比べるとどうしても狭く感じますが、デリヘル遊びには支障ありません。ホテル代を節約してデリヘル遊びの単価を上げたい方にも良いでしょう。
なおレンタルルームと聞くと“汚い”・“狭い”というイメージが強いかと思いますが、最近では内装が綺麗でオシャレな店舗も増えてきています
まだまだ"仮眠のため"というような無機質で狭苦しい店舗もありますが、女の子を呼ぶ際にはできるだけ綺麗で広めのレンタルルームを利用しましょう。